クレジットカードのリボ払い

現金派の人、クレジット派の人がいると思います。クレジットカードはポイントもたまってお得ですが、ついつい使いすぎたりする人もいます。とくにリボ払いは要注意!だいたい20歳くらいでクレジットカードを作る人が多いと思います。知らず知らずのうちにリボ払いになっていたり、一括の支払いだとキツいからとか、リボ払いにするとポイントが1倍プラスになったり、リボ払いにもメリットがありますがデメリットもあります。若い頃にカードを作って初めからリボ払いになっていて知らない間に支払いがたまってしまっていたというパターンも凄く多いみたいで気づけば3桁にもらなっていたなどいろんな話を聞きます。細かく分割すると自分に負担が少ないように思いますが実際利息もつくので負担は大きくなります。結婚を機にいろいろ見直してみると支払いが貯まっていたという人が、自分も含め周りにたくさんいました。これも一種の結婚詐欺ですよね。クレジットカードは上手に使えばポイントでお買い物できたり凄くお得ですが、一歩間違えれば損してしまいます。メリットにデメリットはつきものですが、結婚してからそれを知った時はショックですよね。改めてしっかり考えて使わないといけないなと思いました。
プロミス 名古屋

家庭のお金のやりくり

私が一番お金をやりくりする上で注意していることは、「成り行き外食」を極力避けることです。我が家は4人家族。例えば、休日、適当な時間に起床し、何となく外出して
しまうと、あっという間にお昼の時間になり、「お昼、どうする?」となります。次男は1歳なので、食べられるものも限定されてしまいます。うどんや、定食や、昼食を
家族4人で済ますと、大体安く見積もっても3000円位でしょうか。それが月のうち、一回位ならまだしも、習慣になって何度もあるようでは、家計総支出に対する、外食
費の割合が大きくなってしまいます。それに栄養的にも心配ですよね。なので、私は、必ず昼食のことをいつも頭に置いて生活しています。極力、休日も遅く起きても、
平日+30分位に起床し、昼食の下準備もしておきます。これから暑い季節になるので、出先でジュースなどを買わなくても良いように、水筒にもお茶を入れておきます。
外出しても、昼食は自宅で済ます、とか昼食を自宅で済ませてから外出する、という風に心がけています。とはいえ、全く外食しないのも、寂しいので年に1、2度はちょっと
奮発して、美味しいところへ食べに行くことを楽しみにしています。外食すると、すぐに2,3千円支払うことになりますが、自宅で調理しようと、食材を購入するとなると、
2、3千円あれば、食材もかなりの数求めることができます。と、考えながら楽しくお金のやりくりをしています。