500円貯金失敗談

趣味に使うお金をコツコツと貯めたいなと思って500円貯金をしてみました。
500円貯金って簡単で貯まった時の達成感があるし、簡単に貯められそうなのでいいなと思って何度かやっていたのですが、その時は長く続かずいつも挫折していました。
それでなぜ失敗したのか自分なりに失敗の理由を分析してみたのですが、原因は貯めている過程が目に見えない事かなとおもって、今回は飲み物を入れる透明なプラスチックのコップに貯めることにしました。これならお金が段々貯まっていく過程が目に見えるのでモチベーションが上がるなと思いました。
貯金を始めてからは、自分の分析通りで貯まっていく過程が目に見えるので楽しく貯金をしていました。2か月で三万円貯まったので、これはいいぞと思ってその後も頑張ってみたのですが段々エスカレートしてきてしまって、わざわざ500円玉をお釣りでもらえるように支払いをしたり、さらに100円玉も貯金し始めました。最初はどんどん銀貨が貯まっていくのが見えて楽しかったのですが、毎日財布の銀貨を貯金するようになったあたりからお札がどんどんお財布からなくなっていくようになりました。
銀貨貯めてるのでお金なくなるのは当たり前なんですが、通帳からお札がどんどん減っていきつつも続けていたのですが、ついに限界が来てもう無理だとなって500円玉貯金を銀行に持って行って入金して、お札で出金してしまいました。知らないうちに溜まっていたストレスが爆発した感じでした。
楽しくなると突き詰めてしまう性格なので、こんなことになってしまったのかなと思うのですが、500円貯金はやめて普通に節約をした方がいいかなと思いました。
無利息 キャッシング