ワイヤーで自由に作るラック

我が家で重宝しているのは、ワイヤーで作った収納スペースです。
作り方は簡単で、100円ショップで売られているワイヤーと結束バンドで箱のような形を作るだけで、ポイントはあまり大きなサイズは作らないです。
箱の形にすることで積み上げることも可能ですし、また大きく作らないことで1つ1つで強度を保つことが出来ます。またワイヤーのサイズは100円ショップによって異なるので、1つの店舗で購入せず、複数の100円ショップを回れば、簡単に欲しいサイズを見つけることも出来ます。
子どもが小さい時には、オムツやおもちゃなどをしまう場所として、大きくなった時には隙間収納として役立っています。ちなみに活躍場所としてはクローゼットの中で棚のようにして利用したり、サイズが合わず残ってしまったワイヤーは壁に1枚を直接取り付け、そこにS字フックを付けて子どもの帽子やバッグを収納したり、主人のネクタイやベルト収納として利用しています。クローゼットの中は端っこがデッドスペースになりやすいので、そういった部分を活用するには、ワイヤーで作った小さめのラックはとても活躍しています。他にも洗面台と洗濯機の横に20㎝程のスペースがあり、そこにタオルや洗剤などの置き場所としてもワイヤーで作ったラックは活躍しています。
ワイヤーを使ったラックは使いたい時には自由に形を変えて利用でき、使用しない時には結束バンドを外せば場所を取らずに片付けることが出来るので、利用しやすい簡単収納グッズです。
ディセンシア 最安値