500円貯金失敗談

趣味に使うお金をコツコツと貯めたいなと思って500円貯金をしてみました。
500円貯金って簡単で貯まった時の達成感があるし、簡単に貯められそうなのでいいなと思って何度かやっていたのですが、その時は長く続かずいつも挫折していました。
それでなぜ失敗したのか自分なりに失敗の理由を分析してみたのですが、原因は貯めている過程が目に見えない事かなとおもって、今回は飲み物を入れる透明なプラスチックのコップに貯めることにしました。これならお金が段々貯まっていく過程が目に見えるのでモチベーションが上がるなと思いました。
貯金を始めてからは、自分の分析通りで貯まっていく過程が目に見えるので楽しく貯金をしていました。2か月で三万円貯まったので、これはいいぞと思ってその後も頑張ってみたのですが段々エスカレートしてきてしまって、わざわざ500円玉をお釣りでもらえるように支払いをしたり、さらに100円玉も貯金し始めました。最初はどんどん銀貨が貯まっていくのが見えて楽しかったのですが、毎日財布の銀貨を貯金するようになったあたりからお札がどんどんお財布からなくなっていくようになりました。
銀貨貯めてるのでお金なくなるのは当たり前なんですが、通帳からお札がどんどん減っていきつつも続けていたのですが、ついに限界が来てもう無理だとなって500円玉貯金を銀行に持って行って入金して、お札で出金してしまいました。知らないうちに溜まっていたストレスが爆発した感じでした。
楽しくなると突き詰めてしまう性格なので、こんなことになってしまったのかなと思うのですが、500円貯金はやめて普通に節約をした方がいいかなと思いました。
無利息 キャッシング

ワイヤーで自由に作るラック

我が家で重宝しているのは、ワイヤーで作った収納スペースです。
作り方は簡単で、100円ショップで売られているワイヤーと結束バンドで箱のような形を作るだけで、ポイントはあまり大きなサイズは作らないです。
箱の形にすることで積み上げることも可能ですし、また大きく作らないことで1つ1つで強度を保つことが出来ます。またワイヤーのサイズは100円ショップによって異なるので、1つの店舗で購入せず、複数の100円ショップを回れば、簡単に欲しいサイズを見つけることも出来ます。
子どもが小さい時には、オムツやおもちゃなどをしまう場所として、大きくなった時には隙間収納として役立っています。ちなみに活躍場所としてはクローゼットの中で棚のようにして利用したり、サイズが合わず残ってしまったワイヤーは壁に1枚を直接取り付け、そこにS字フックを付けて子どもの帽子やバッグを収納したり、主人のネクタイやベルト収納として利用しています。クローゼットの中は端っこがデッドスペースになりやすいので、そういった部分を活用するには、ワイヤーで作った小さめのラックはとても活躍しています。他にも洗面台と洗濯機の横に20㎝程のスペースがあり、そこにタオルや洗剤などの置き場所としてもワイヤーで作ったラックは活躍しています。
ワイヤーを使ったラックは使いたい時には自由に形を変えて利用でき、使用しない時には結束バンドを外せば場所を取らずに片付けることが出来るので、利用しやすい簡単収納グッズです。
ディセンシア 最安値